So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

日本のコンテンツ [生活]

以前、日本のテレビはNHK Worldだけと書きましたが、
日本のコンテンツの使用権を買って、日本と同じ番組をベトナムで制作して放送しています。

ベトナム版新婚さんいらっしゃい
IMG_0433.JPG
IMG_0432.JPG
同じセットを使ってんじゃないのかというくらい、同じでした。

ベトナム版パンチでデート
IMG_0434.JPG
IMG_0435.JPG
カーテンの小窓まで一緒です。

あと、アメリカ版の『サスケ』もやっていました。

作品そのものより、番組構成が受けるのかもしれないですね。
日本のドラマは長くて11話くらいなので、商品としてはきついんでしょうね。

一度ベトナム人が、日本語で日本のニュースを読んでいる番組を見ましたが、
日本語を喋っているとは思えませんでした。
また、聞き取れた内容の言葉遣いが滅茶苦茶でした。
2度目はまだ見ていません。[がく~(落胆した顔)]

ということで、ベトナムの世の中と日本とが約30年~40年くらいズレがあるって実感しました。

そのうち、『ねるとん』とかやるんでしょうかね。
『グェンさん チェッ~ク!!』とか。[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バブル到来 [生活]

ここホーチミンは、バブっています。

海外からの投資も増えて、活況があります。
所得も増えて、年率5%のインフレです。
身近に感じるところでは、テト明けからレストラン・食堂では、大体5~10%位値上がりしています。
メニューにシールを貼って新しい値段を書いています。
地下鉄の工事も進んでいるようで、ベンタイン市場の周辺も柵が出来ています。

ホーチミン市とかは、たぶん先に道が出来て、それから建物が建って行ったんだと思います。
住所は基本的に、番地 + 通りの名称 + 区名 です。
郵便番号があるらしいですが、ほとんどの使われていないようです。
それでですが、各建物の間口が狭いです。大体2間位でしょうか。
間口狭くて奥行きがある俗に言う「うなぎの寝床」ってやつですね。

ですから、道路に面した間口の広い建物とかが投機の対象になり、昨日の夜営業していたところが、
いきなり朝からビルをぶっ壊しているなんてよく見かけます。[がく~(落胆した顔)]
ぶっ壊す時も、ちゃんと養生していることは少なく、日本でいうブルーシートのようなもので、建物を覆っています。
先日も、レタントン通り(日本人が多い地区)に行くときに、地下鉄の工事の関係で取り壊される建物の近くを通ったときに、とてつもない砂埃に遭遇しました。
ベトナムの場合、地震がないからなんでしょうが、天井と床と柱は鉄筋コンクリートのようですが、
壁は、レンガを積み重ねています。
レンガは、日本のレンガを縦に2つに割った大きさで、縦に穴が開いています。(チーズってやつですかね)
こんな感じ
IMG_0437.JPG

んで、壊し方間違ったんでしょうね。予期しなかった部分の壁(レンガ)が大量に崩壊して、道路に落ちて凄まじい砂埃が立ち上がっていました。作業員もボー然としていました。[わーい(嬉しい顔)]

スクラップ&ビルドが進んでいます。

イオンショッピングモールが昨年7月にホーチミンに3店目をオープンしたかと思えば、ハノイに2号店を建てるようです。
所得が増えて、中産階級が増えているのでしょうね。

バブル到来です。

と言っているとアパートの隣の建物が、取り壊されていました。朝はあったのに。[がく~(落胆した顔)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

在留届 [生活]

アパートのエアコンからの水漏れで、エアコンの下に机があるので、パソコンが使えませんでした。
大家さんに言って、とりあえず、水漏れはおさまっているようですが。。。

そんなこんなで、一週間のご無沙汰です。
今回は、在留届について。

外務省のホームページから辿っていくと、在留届のページに行きます。

ここで、届け出と帰国したときは、帰国した届を出すことになっていて、外務省が海外にいる日本人の状況を確認するためだと思います。
特に出さなくても罰則とかはないと思いますが、たまにメールがホーチミン総領事館から届きます。
今までには、
・ジカ熱に関すること(ホーチミンでもジカ熱の患者が出ました)
・日本人観光客がドンコイ通りで騙された件
なりすましメールの件
・日本人観光客が空港でホテルまで無料送迎のはずが、タクシー代を騙されて取られた件
などです。

はじめの騙された件の内容ですが、ドンコイ通り(銀座みたなところ)で、日本人から感謝状をもらったとかで、訳の分からい日本語が書いてある紙を見せて、妹(?)が経営している店に連れ行き、2袋で1,400,000ドン(日本円で7,000円位)で売って、支払いでこっちの通貨がなくなったので両替屋を教えくれと言ったところ、代わりに両替に行ってきてやると言って2万円持って消えたそうな。
騙したバイクタクシーのおっさん1人で2人の日本人女性が騙されたらしい。
ベトナムは、コーヒーの生産量は世界3位らしいのですが、アラビカ種ではなく、ロブスタ種と言って、インスタントコーヒーに使うことが多い品種を生産していて、価格もアラビカ種より断然安いです。(ネスカフェの味を連想していただけれるわかると思います)

あまりにも豪快すぎる話です。
カタコトの日本語を喋る知らないベトナム人についていくほうが、私からするとすごく勇気がいることだと思いますがね。。。。[がく~(落胆した顔)]

騙された件については、旅行者向けだと思うけど。[ふらふら]

気をつけなはれや~



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

途切れる [生活]

アパートでは、ケーブル放送が入っていて、色々なチャンネルがありますが、
基本的には、ドラマが多いです。ベトナム以外のドラマも結構多く韓国・インド・中国・台湾とアメリカでしょうか。ベトナム語の吹き替えで、たまに吹き替えする人がいないのか、女優さんの声を男性が吹き替えているものもあります。[わーい(嬉しい顔)]

言葉がわからないので、ドラマはほとんど見ないです。
スポーツは、ほとんどサッカーです。ブンデスリーグ、プレミアリーグ、セリエAを放送しています。
月曜日と火曜日によくWWEを放送しています。
言葉もわからないし、集中して見る必要もないので、結構プロレス見ています。
リアル キン肉マンのパパ
IMG_0225.JPG

それから、NHK Worldが見ることができます。
ただ、日本語ではなく英語です。
コンテンツがつまらないです。
ただ、日本のニュースが見たいので、朝起きた時と、帰宅したときにちょこっと見ています。

NHK Worldは土曜日と日曜日の再放送で『映像の世紀』をやっています。
番組がいきなりカラーコードになります。最初は、海底ケーブルとかの具合が悪いのかと思っていたのですが、カラーコードが表示される番組はどうも『映像の世紀』だけのようです。
先週の土曜日は、『アメリカの公民権運動とxxxx戦争』の回でした。
こんな感じの画面になります
IMG_0163.JPG
途中からずーっと途切れて、最後のNHK Worldのクレジットが一瞬出て、番組が終わりました。
以前も2回ほど最初のシリーズ(1995年制作)で起こりました。
ネットでNHK Worldのページを見たとき、Live配信とテレビの番組では、30分ほど時間差がありました。
以前から不思議に思っていたことがあって、ニュースとか正時とか10分とか切りのいい時間から始まると思うのですが、12分とか43分とか切りの悪い時刻に始まるのでなんでだろうと思っていました。
推測がつくと思いますが、ここはベトナム社会主義共和国なのです。
ですので、メールとかすべて。。。。ということなんでしょうね。[がく~(落胆した顔)]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネット事情 [スマホ]

ベトナムでは、よく回線が極端に遅くなる時があります。
大体2カ月に1回くらいは、海底ケーブが切断されたりします。
先日は海底ケーブルの漏電とかで、完全復旧は3月末らしいです。

海底ケーブルのトラブルのときに、日本との間で50MByteのファイルダウンロードしていた時など、
残り時間が7日とかでて目を疑いました。

日本の場合、家庭向けのネット接続の普及は、100%近いと思われますが、公衆無線LANの普及がよくないですよね。
基本的には、LTEとか4Gの回線を使用していると思いますが、ここホーチミンの場合、
いろんな店舗(飲食店はもちろん、コンビニとか)で無料のWi-Fiが充実しています。
飲食店では、Wi-FiのPINコードが店内に貼ってありますし、どこの店でもWi-Fiがあるので電波が飛びまくっていて、そこの飲食店のSSIDが見つけられないこともあるくらいです。
店員に『Wi-Fi PINコード』って言ってスマホ渡せば、設定してくれます。

ですので、理論上アパートから事務所まで、店舗のWi-FiのPINコードがわかれば、ネットがつながりっぱなしになります。[わーい(嬉しい顔)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昼ごはん [生活]

日本と2時間時差がある関係で、日本の事務所はAM10:00~ですが、ここベトナムの事務所はAM8:00~開始となります。日本時間のPM2:00がこちらのお昼になります。

昼ごはんまで4時間あります。結構お腹空きます。
近くのめし屋に行きます。
IMG_0410.JPG

かっこいい言葉で言えば、オープンカフェで、普通に言えば道端にイスとテーブルを出して、上にシートで日除けです。
一度ご飯食べているときにスコールが来て、人生初めて雨の中ご飯を食べました。

日本と違って、決まったおかずの定食がなくて、写真のようなバットの中に入っている食べたいおかずを1~2品選びます。おかずによって値段が違うようですが、どれがいくらするのかよくわかりません。
大体、おかず1品と御飯とスープ(具は、福岡の雑煮に入っているかつお菜のような野菜)と中ジョッキに入った冷たいジャスミンティーの香り無しお茶の定食?で、25,000ドン~35,000ドン(日本円で200円しないです)
大体多いのが、煮物です。この煮物が私の舌によく合います。醤油ベースの甘辛く煮てあり、豚の角煮と煮卵とか日本人の舌にマッチすると思います。
あと、私が好きなものに、魚(白身の魚で)のから揚げがあります。
カリカリして、しかも魚の身にしっかりした味がついて、これもおいしいです。
あとイカのいものですが、日本だとゲソを身の中に入れて煮ていますが、こちらではゲソは食べないのか、肉詰めになっています。
それと、日本では鶏の唐揚げとか定番ですが、ベトナムではコンビニではから揚げを見ますが、飲食店ではほとんど見ません。どちらかというと鳥の照り焼きの方がベトナム人は好きなようです。
街中のお店は、ガスとか燃料費が高いので、基本的には炭を使っています。ですから逆にBBQのような感じで、余計な脂も落ちるので、ベトナムでは鳥の照り焼きの方が一般的のようです。

持ち帰りもできます。御飯の上に選んだおかず(指差し確認したおかず)が乗って、スープと調味料(砂糖と酢と唐辛子と大根と人参の千切りでこうせいされたもの)をうまいことビニール袋に入れてくれます。口は、輪ゴムで閉じてあります。この輪ゴムを取るときが戦々恐々です。

それから、まあ、いつものことながら、誰も並びません。
一度欧米人が私の前にいて、すきをみてベトナム人が注文したんですが、
英語で、『先に並んでいたのに~』みたいなことボソボソと言ってどっか行ってしましました。
私初めて見ました。気の弱い欧米人を。
『あ~、さすがベトナム人、欧米人を追い出した』と心の中で頷きました。[わーい(嬉しい顔)]
勘定は、食べた後に勘定を集金に来ます。

ベトナムの場合、通常どんな少額の勘定でも、テーブルで払います。
その時びっくりするのですが、ベトナム人は、ベトナム人を全くと言っていいほど信用していません。
勘定書きと注文したものを1品ずつ確認して、ちょっとでも納得がいかないと、クレームを入れます。
女の子でも平気でします。
最初見たときは、みんなクレーマーかなと思うほどでした。[がく~(落胆した顔)]

あと昼休みになると、銀行が閉まります。シャッター降ろして昼休みになります。
日本だと、交代で食事に行くと思いますが、ベトナムの場合昼ごはんはみんな一緒で、店舗閉まります。ある意味、商売っ気がないと言おうか。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

交通事情 [生活]

日本では歩行者が一番優先度が高いのですが、ここホーチミンでのは、優先度というより、強いものが幅を利かせている状態です。
バス > 自動車 > バイク > 自転車 > 歩行者 という順になっており、バスも平気でクラクションをバンバン鳴らしています。日本じゃ絶対に考えられませんが、ここでは、強いものが幅を利かせているのでバスが前を行くタクシーやバイクにクラクションを鳴らしています。
日本では、クラクションの音をあまり聞きませんが、ホーチミンではクラクションの音を10秒聞かないと奇跡です。

まず、こっちに来て驚いたのは、バイクの多さもですが、信号が必要な場所に信号機がない場合が多いです。
また、横断歩道の信号は、片側だけです。

交差点がロータリーになっている場合、まさにカオス状態です。

道路をまともに渡れるようになるのに、1カ月かかりました。[ふらふら]

では、会得した道路を渡るコツをお教えします。
1.道路を渡るときは、絶対に『走らない』ことです。
 走って危険を回避しようしては、絶対にダメです。
 必ず止まってください。そうすると、避けてくれます。
2.横断歩道に信号がある場合、必ず1回待つ気持ちで行ってください。
 日本のようには、点滅が長くありません。2回くらいで変わります。
 ベトナムの信号は、タイマーが表示されていて、あと何秒で信号が変わるか表示して
 いますので、 フライングする馬鹿者が多いので、信号を1回待つくらいの気持ちで。
3.信号が青になってもすぐに出てはいけません。
 赤信号でも飛び込んでくる馬鹿者と、ベトナムは車両は右側通行なので右折する場合
 レーンを 跨がないので、信号無視して右折するあんぽんたんがいます。
4.ドライバーはなぜか、人が横断している前を横切ろうとします。
 ですので、なるべく横切ろうとするものがあれば、自分の前を横切らせましょう。
5.道路の半分までくれば、あとは大丈夫です。
 ドライバーは、人の前を横切ろうとしますので、田舎のニワトリを追うような感じで、
 横切ってくるバイクを自分の前の方、前の方へ追いやる感じ歩けば、無事渡れます。

最後に、日本では、右見て左見てまた右見て渡りますが、ベトナムの場合左見て、
右見て、両方見ながら渡ります。
渡るときは、ドライバーにガン飛ばしちゃってください。いい言葉でいうとアイコンタクトってやつです。そうすることで、自分の存在を知らせることができます。
スマホ見ながら道を渡るというのは、ベトナムではありえません。

※歩道を走ってくる馬鹿者や、逆走するクソバイクには、ご注意を。

気を付けて道路を渡ってください。[信号]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

両替 [お金]

ここ一週間、仕事が忙しく投稿しておりませんでした。

それで、今回は両替のお話。
日本国内の場合、外貨両替はほとんどの場合銀行等の金融機関を利用されると思いますが、
ここホーチミン市では、街中の両替屋を利用するのが一般的です。
事務所の場所は、外国人が多いフォングラーオ通りにあるので、各国の両替レートが書いてあるボードがあるお店が何軒かあります。
レートがいいところは、ベンタイン市場の向いにある両替屋さんが一番いいみたいです。
手数料取っているのかわからないくらい、いいレートでした。
(日本の銀行取りすぎ[ちっ(怒った顔)]
ベンタイン市場
IMG_0411.JPG
の向かいの両替屋2軒
IMG_0425.JPG

レートと両替した金額のレシートをくれます。
65米ドルを両替した時のレシート
IMG_0426.JPG

ただ、窓口は日本のように行列を作りません。
空いた窓口に突入する感じです。並ぶということは誰もしません。

わたしは、通常ATMでお金をおろしているので、両替することはほとんどありませんが、
日本からベトナムに来る場合は、到着日に使う分(タクシー代とか食事代とか)だけを両替しておいて、あとはここの両替屋で両替するのが良いと思います(空港からホテルに行く前に寄るのもありかと)[わーい(嬉しい顔)]

大体1万円で2,000,000ドン 青っぽいブラスチックのような500,000ドン札が4枚位戻ってくる思います。
こんな感じ
IMG_0427.JPG
肖像画(胡志明:ホーチミン)の右側の透明なところに『500,000』と透かしが入っています。

それから、両替屋というかベンタイン市場の周りは、日本人とわかるとカタコトの日本語でモノ売りの人がくっついてきます。ウザいです。強めに『ノッ!!』と言うと、ついてこなくなります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大気汚染 [健康]

ホーチミンは、バイクの数がものすごく多いです。
自転車は、ほとんど見ません。
トラックもほとんど見ません。
バス・タクシー・バイクでほとんど、地元の人で歩いている人も見かけません。

大体125CC以下のスクーターがほとんどです。
ベトナムでは、50CC以下のバイクは免許不要です。どう見ても中学生みたいな男の子が、2人乗りしていたりします。
免許いらないのはいいが、『交通ルールはわかっているの?』とV君に聞くと、『わかっていないです。』と返ってきました。[がく~(落胆した顔)]
125CCのホンダ新車のスクーターで日本円で12~15万円くらいだそうです。日本よりかなり安いです。ということは、抜くところは抜くといった感じモノがつくられているのでしょう。
法律による規制とかないんでしょうから、当然メーカーとしてもその国の法律に合わせてモノをつくっているのだと思います。
また、ガソリンの質についても、違うと思われます。

日本の場合、以前ディーゼル車の排気ガスが問題になりましたが、ベトナムの場合バイクですね。
バイクの場合、排ガス浄化装置がついてるわけでもないですし、基本的に購入後メンテナンスとかやらず、故障したら修理するって感じなので、オイル交換なんかしているとは思いません。
逆に、ちゃんとオイル交換しているとすると、その廃油処理でまた訳がわからないことが起きそうです。

そのため、外出時は、必ずマスクが必要です。
マスクをすると、暑いですが、すると/しないとでは大違いです。
実際にマスクをしていて、一瞬外して息すると空気が汚れているのがわかります。
花粉症の方などは、ベトナムには杉がないと思っていると、排ガスの方で大変な目に合うと思います。
私も、花粉症がありますが、昨年の11月下旬に急に咳が出て、結局日本に帰国後かかりつけの耳鼻科(アレルーギー科併設)に行って、アレルギーの薬を処方してもらったら、翌日ピタリと止まりました。(日本の空気の状態にもよるのでしょうが)

コンビニには、2~3枚入りのは売っていますが、日本で売っている50枚とか箱に入っているものをまで見つけきれていません。
これからベトナムに来られる方は、マスクを大量に持ち込まれたほうがよろしいかと。(いっぱい詰め込んでも軽いので)
ベトナムでは、バイクに乗っている人は、布のマスクをしていますが、日本製の不織布で立体形成されているマスクにはかなわないと思います。(一応PM2.5も大丈夫そうですし)
それと、目薬もあったほうがいいですね。外はそうゆう状態ですし、室内はエアコンが入っていて乾燥していますので。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

入国手続き [生活]

ベトナムへ入国する場合、15日以内の観光の場合はノービザでいいらしいですが、それ以外はビザが必要です。
以前、ビザなしで入って、ビザが切れる前にカンボジアに一度出国して、再入国を繰り返す人が多かったらしく、マルチのビザを持っていないと一度出国したら、30日間は再入国できないらしいです。

私の場合、ビジネスビザなのですが、
1.まずベトナムの事務所で招聘状を申請してもらって、招聘状の発行してもらいます。
(手続きを代理店に依頼しているらしいです)
2.招聘状の画像をメールで送ってもらって、印刷しておきます。
こんな感じです。
IMG_0420.JPG
3.ビザ申請用紙(2枚綴り)と証明写真1枚を準備しておきます。(ビザ申請用紙に記入しておきます)
IMG_0421.JPG
下記サイトが役に立ちました。
http://www.vietnamsvisa.com/blog/2015/12/16/how-to-fill-in-vietnam-visa-application-form/

1~3とパスポートと、6カ月だと95米ドル、1年だと135米ドルを準備します。
なるべくお釣りがないようにしたほうがいいです。第1クールのとき100米ドルを渡したら、お釣りがベトナムドンで100,000ドン(約500円)で、その時のレートからして、110,000~115,000ドンくらい戻ってきてもいいはずなんですが、なんか損した気分です。

準備ができたら、飛行機乗って空港に着くわけなんですが、入国審査でみんな並んでいますが、向かって左側に、ビザ発給窓口があります。
1~3とパスポートを出します。お金はビザが出来てからです。

第1クールのときに、ベトナムの事務所の住所を書き忘れていて、指摘をうけ焦りました。
いろんなものはスーツケース中なので、どうしようと思っていたのですが、たまたまスマホのメモ帳に記録していたので、それを窓口で書きました。あせった~。[がく~(落胆した顔)]
記載されているから、そこに連絡するとかではなく、形式上書いてあることが重要で、どこの国の公務員も同じだなと思いました。
窓口の前のベンチで待つこと10分くらいで、名前が呼ばれ、パスポートにビザが張り付けられています。それで、窓口で発券手数料を払うわけですが、『レシート プリーズ』と言わないとレシートをくれません。言っても面倒くさそうに領収書を出します。さすがベトナムの公務員って実感できます。

こんな感じです。
IMG_0419.JPG

パスポートをもらって、入国手続きの列に並び、無事入国できました。
さて、荷物・荷物っと、乗ってきた飛行機の荷物を渡す、ベルトコンベアのところに行くと、私の荷物だけ、ポツンとベルトコンベアから降ろしてあります。(毎回、ビザ取得で時間がかかるので)
荷物を取って、日本なら税関の検査官がいるのですが、ベトナムの場合、荷物をもう一度自分でX線検査機に通して終わりです。(面倒くさいことはしないようです。ベトナムには、PCは1人2台までしか持ち込めないらしのですが、第1クールのときに、WindowsPC2台とMac1台とiPad1台、23インチディスプレーを手荷物で持ち込みましたが特に何にもなしです。ベトナムに行く前にV君に手荷物のことで相談したら『100米ドル余分に持っていおて下さい』とのこと。ああ~。そういうことね。)

両替とかスマホのSIMとかは、到着口を出てすぐにありますので、利用するといいと思います。
ただ両替は、ベンタイン市場の両替屋がレートがいいです。日本で両替していなければ、タクシー代 + その日に必要な分くらいでいいと思います。

最後に、空港から目的地ですが、通常タクシーを使いますが、私はいつも、空港を出る前にタクシーのカウンターに寄って、タクシーを頼みます。私のアパートまでは220,000ドンです。普通に空港でタクシーですと大体160,000~180,000ドンくらいだと思います。
ただ、荷物をカートに乗せたまま空港のビルを出るのは危険です。タクシー乗り場までに置き引きされた話を聞いたことがあります。ちょっと値段が高いですが、空港のカウンターでタクシーの手配をすると、目印となる柱の番号を教えてくれます。建物をゲートを出るとカウンターでもらった2枚綴りの紙をペラペラさせて、言われた番号の柱のところに行くとすぐに迎えに来てくれます。
荷物も運んでくれますし、安心です。(私がいつも利用するタクシーは、提灯が車の上にありません。一瞬間違えたかなと思うのですが、大丈夫でした。番号の柱の位置は、空港のビルの中から確認できます。ちなみに番号は10番でした。)
紙を渡すと1枚レシートとして返してくれます。
もらったカード。
IMG_0422.JPG
空港に行くときは、普通のタクシーを使います。

余談ですが、空港のビルを出ると通路の両サイドに柵があり、到着を迎えに来た人たちがいっぱいいます。その中をカートを押していくとき、一瞬、映画スターとか有名スポーツ選手になったような錯覚をします。[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -